images (3)

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 21:53:22.05 ID:0y4rGE5ap.net
井戸のデマで思ったんやが
昔はそれこそ2ちゃんでしか許されなかったような差別発言やデマが
いまや一般サイト(Twitter、ニコニコ、ヤフコメ等)で当たり前のように繰り返されとるやん

なんでこんなんなってしまったんや?

【日本のネットの民度ってどんどん酷くなっとらんか?】の続きを読む

ダウンロード (4)

1: フランケンシュタイナー(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 18:25:58.00 ID:G9R8m4Nk0.net
2016年4月12日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の刑務所について紹介する記事を掲載した。

記事では、受刑者は3畳の個室が与えられ、飛行機と同じ強度の窓が付いており、
入浴は夏が週に3回、冬は週に2回できると紹介。食事はカロリー計算されており、正月やクリスマスにはごちそうが準備され、誕生日にはケーキが出ること、
申請すればテレビや本を見られること、刑務所には医者と看護師がいること、文化祭まで行われることなどを写真入りで伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「俺たちの学校より待遇がいい」
「中国の刑務所よりずっといい食事だ」
「日本の刑務所への入所を申し込みたい」

「刑務所に行って見たいと思ったのは初めてだよ」
「これを見て俺は日本へ行くことを決めた!刑務所ですら、待遇がこんなにいいなんて!」

「自由がないこと以外は中国国内の半分以上の人よりいい生活だな」
「自由がないことを除けばすべてが素晴らしい。路頭に迷ったら刑務所に行こう」

「誰も止めないでくれ。俺は日本に行って犯罪行為をしてくるぞ」
「だから日本は暴力団が多いのか。刑務所に行くことは休暇を楽しむようなものなんだな」

「罪を犯した人に対してこんなにもよくしてあげる必要はない」
「刑務所は刑務所らしくあるべきだ。こんなに小ぎれいにして老人ホームかと言いたい」

http://www.recordchina.co.jp/a133216.html

【日本の刑務所が素晴らしく快適そうだと中国ネットで話題に】の続きを読む

1: 急所攻撃(徳島県)@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 17:39:57.21 ID:LxGUwqhC0
メキシコに「黒い天使」のような謎の人型生物が現れた。
ケレタロ州サン・セバスチャン・ベルナルで写真が撮影された。

「鳥か昆虫がレンズを横切ったもの」との見方がある一方、「黒い天使」説、「エイリアン」説、「高エネルギー高速飛行生命体」説、「天使とともに降臨するイエス・キリストを描いた空中ホログラム映像」説など、ネット上には様々な憶測が飛び交っている。

また、翼を広げて飛び立つ姿は、米国などで目撃報告がある「モスマン」を連想させるものがある。

モスマンは1966年頃に米国ウェストバージニア州ポイント・プレザント周辺に出現した、翼をもつ謎の飛行生命体。因果関係は不明だが、モスマンが目撃された直後に同地区の橋が崩落し、多数の犠牲者が出る大惨事となったことでも知られる。

このことから、モスマン出現を大規模災害の前兆現象ととらえる説がある。

今回目撃された生物がモスマンと同じものかどうかは不明だ。メキシコでの大災害発生の可能性も含め、事態の成り行きを注意深く見守る必要がある。


no title

no title
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2540

【メキシコに「黒い天使」のような謎の人型生物が出現】の続きを読む

images (2)

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 11:46:58.34 ID:SljBNw/F0.net
企業「ワイの求めてた優秀な人材やんけ!」
求職者「ワイの求めてたホワイト企業やんけ!」

【企業「求人に嘘かいたろ!」求職者「面接で嘘ついたろ!」】の続きを読む

b37f67d4

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:45:33.54 ID:qMQln/Te.net
子供の頃~思春期は辛くて人生終わりにしたいと思ったけど、
今はなんだかんだで幸せだわ。
お前らの子供がもしGIDだったら、
なるべく理解してあげて欲しい。

【性同一性障害で女から男になったんだけどさ】の続きを読む

ダウンロード

1: エクスプロイダー(栃木県)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 08:59:48.12 ID:H7ven6lm
この宇宙がホンモノなのか、それともコンピューターの産物なのかというのは「シミュレーション仮説」と呼ばれて学者たちの興味の対象となっていて、天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏がモデレーターを務める 「アイザック・アシモフ記念討論会」でも議論が行われました。
http://www.scientificamerican.com/article/are-we-living-in-a-computer-simulation/ 

「宇宙が実はシミュレーションである」という考え方は、映画「マトリックス」のような話ですが、2003年にオックスフォード大学教授で哲学者のニック・ボストロム氏が提唱したもの。

宇宙全体をシミュレート可能なほど高度に発展した文明があるなら、そのシミュレーションを実行する可能性は高く、地球や、地球に住む人々がシミュレーションの中の住民である可能性もまた高い、というのがボストロム氏の主張で、タイソン氏も、その可能性はフィフティ・フィフティであり得ると考えています。

このボストロム氏のシミュレーション仮説はあくまで「仮説」ですが、宇宙に関することを知れば知るほど数学的な法則に基づいているように見えるのもまた事実。

討論会に参加したマックス・テグマーク氏は、マサチューセッツ工科大学で宇宙論を専門としている物理学者で、数学的に存在する全ての構造は物理的にもまた存在する」という数学的宇宙仮説の提唱者でもあり、「もし我々がゲームキャラクターなら、世界のルールはコンピューターのコードが反映されたかのように完全なまでに精密であり、数学的であることを理解できるはずです」と語りました。

すべての学者がシミュレーション仮説を受け入れているわけではなく、同席したハーバード大学の理論物理学者リサ・ランドール氏は 「はっきりとした蓋然性(見込み)に基づいていません。そもそも、なぜその高度な存在が我々をシミュレートしたいと考えるのかが分かりません」と語っていて、シミュレーション仮説があり得る可能性を「事実上、ゼロです」とばっさり切り捨てました。
http://gigazine.net/news/20160413-live-in-computer-simulation/

【科学者「この宇宙は高次元生物が作ったシミュレーション世界」】の続きを読む

images

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 09:02:31.47 ID:Eb7KDMShp.net
ほーんて聞いてたけど最近ちょっとわかるわ
特に営業マンとか目が狂ってる

【社長「信用できない人は爬虫類の目をしてる。そういう奴になるな」】の続きを読む

このページのトップヘ